ガッチマンという実況者

TOP4

ガッチマン(愛称ガッチさん)
チャンネル名:
あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっている

年齢公表済:1978年6月10日
身長:176cm
配偶者:トラちん(漫画家・YouTuber)

ガッチさんは冷静さを武器とした解説実況がウリであるゲーム実況者。
ホラーゲームの解説実況という一線変わった実況は他の追随を許さず、
彼の代名詞となっています。

そんなガッチマンことガッチさんの解説実況に於ける魅力を考察しました。

ガッチさんの強みは既プレイであることの安心感と、
既プレイであるが故のプレイへの信頼感
それはご自身による徹底的なリサーチと、
トライ&エラーによる努力の賜物であるといえます。

 

解説実況というスタイル

ゲーム実況と言えば、
初見プレイの新鮮なリアクションを共感する側面が強いですが、ガッチさんのさっくり実況シリーズはその定説を覆し真逆をいきます。

実況者のリアクションを省き、
攻略情報を解説しながらストレスなくゲームの魅力を伝える。
初見実況とも、効率実況とも、高速実況とも一線を画す解説実況です。
バイオハザードシリーズをよく実況しているガッチさん。
コントローラー(ゲームパッド)でのエイム(主にガンアクションにおいて敵に銃の照準を合わせる操作のこと)は不得手なため、
まず0時と共に配信販売が解禁されるPS4版を買いクリアし、
時差があるSteam版(PC版)が発売されると同時にPCのキーボード操作でやりこむそうです。
アイテムや敵の配置、
そしてどこで魅せるプレイをすれば動画として映えるか徹底的に検証し、
発売日の夕方までにはパート1が投稿されます。
「自分はゲームが上手くないからそうしているだけ」
と仰っていますが、もしそれが本当ならば、
裏で尋常ならざる努力をした結果の動画であるとの証になりますね。
その裏の努力があるが故に、
ガッチさんのプレイ動画は安定している、
と信頼して視聴することが出来るのです。

話は少し逸れますが、
ゲームが上手くないという点には筆者は異論を唱えたいです。
マリオ等のアクションゲームが苦手なのは確かですが、
銃火器を扱うFPS系のヘッドショット等には瞬時に対応できるし、
更にホラーゲームならば、
相手の二手先三手先を読んで立ち回ることが出来るのですから。
膨大な経験による培われた技術の蓄積もあるのでしょうが、
瞬発力や、動体視力が悪いわけでもない。
普段やらないジャンルへの苦手意識が強いだけかも知れません。

 

音読が苦手という弱みを逆手に

更にガッチさんの特徴として、
存在するのであればどんなゲームも(国産、洋ゲー問わず)
字幕ではなく吹替版をプレイしますが、
これは彼自身が音読が上手くないことに起因しているとのこと。
ニコニコ動画時代に音読があまりにたどたどしいため、コメントが荒れてしまったという経緯があるようですが、
現在視聴者のプラットホームがスマホに移行している中、
字幕では文字が小さすぎて読めないという配慮も含まれています。
音読が苦手なことに関しては、謝罪している数年前の動画も多く見られます。
それがよく判り、かつTOP4でいじり倒している動画もありました。

参照動画
牛沢:【4人実況】ガッチマンの心理状態を暴こう!

【4人実況】ガッチマンの心理状態を暴こう!
それにしてもガッチさんの朗読が下手! メンバー:牛沢 ガッチマン キヨ レトルト チャンネル登録されると喜ぶ→ 【twitter】 キヨ編→ レトルト編→https...

滑舌の悪さと漢字の弱さはご自身も充分に理解しているようで、
以前はゲーム中の読み物などは音読していました。
しかし最近の動画では「気になる人は一時停止して読んでね」と促しています。
物語上重要な内容が書かれている場合はその限りではなく、かいつまんで説明してくれています。
(ムービー中に彼が喋ることは一切ありません)
この配慮も動画への信頼感に繋がっているのでしょう。
ガッチさんの解説実況動画は徹底した視聴者ファースト、
細やかな気遣い、ホスピタリティに満ち溢れているのです。
淡々とした語り口調と落ち着いた優しい声音。
加えて無駄に騒いだりせず、視聴者の没入感を阻害せず大事にしてくれる。
その姿勢は解説実況というスタイルが生まれた時からブレていません。

 

超人的な特殊能力

もう一点、ガッチさんの恐るべき特徴として、マッピング能力があります。
これだけは得意と本人も豪語しており、
実際複雑な構造の3Dマップも一周回れば大体覚えられるそうですし、
初見のゲームでもマップで迷っているところを見たことがありません。
こればかりは持って生まれた天賦の才能だと思うのですが、
先日Vtuberとホラーゲーム協力実況を生配信した際、
おそらく男性が多いであろう女性Vtuber側のファンすらも度肝を抜くマップ把握能力を発揮していました。
Vtuberときのそらさんは「方向音痴ですみません」としきりに謝っていましたが、
3Dゲームのマップ把握は難しく、一般的な女性として標準的な記憶力かなと思います。
ガッチさんの能力が異常なだけです。

ゲーム実況において「マップに迷う」という過程は、マイナスな時間になってしまうことがほとんど。
理解できている人にとってはストレスになるでしょう。
往々にして実況者は、
移動に伴う全般的な時間をカットして動画のテンポを維持していると思うのですが、
ガッチさんの動画はそこがノンストレスなのです。
ともすれば彼の貴重なフリータイムであり、雑談の時間になり、攻略の豆知識や下ネタ、ギャグ等を挟む余裕を生み、
結果としてそのギャップによる緩急が視聴者を飽きさせない事に繋がっていきます。

もちろん解説実況ではない普通の実況動画も数多くあげています。
が、8割はホラーゲームなので、
ホラー要素のスルースキルはチャンネル名に偽りなしです。
驚かせようと思って出てきたのに、
全く驚いてくれないまま(たまに大喜びされることも)無慈悲に討伐される幽霊やゾンビが可哀想に見えてくるので、
「ガッチマン被害者の会」が結成されているのでは、
と、まことしやかに囁かれていますね…。

終わりに

ガッチさんの魅力を三点挙げてみましたが、
ホラー以外のゲームも面白い実況はたくさんあります。
また、解説実況ではない場合は彼も叫んだりはしゃいだり楽しそうです。

生粋のゲーマーによるゲーム愛の詰まったゲーム実況動画。
そんな魅力的な40代のおじさまを、
これからも応援していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました