ガッチマンVというVtuber

YouTube

本日6月6日はガッチマンさんの誕生日です、
おめでとうございます!

ゲーム実況者として11年の実績をもつガッチマンの新しい試み、
Vtuberガッチマンについてのお話です。

11年目の新人Vtuberガッチマン

ガッチマンV
ガッチマンVのYouTubeチャンネルへ

 

2020年5月時点、ガッチさんが強く興味を惹かれているのがVtuber活動。

以前、ペルソナ5の特番のために発注して作ったというVtuberの皮、結局特番に間に合わず使いどころを雑談配信のお供にしていたけれど、紆余曲折あって総額約110万円という非常に高額なモーションキャプチャー(全身稼働が反映されるものを)を個人購入し、無事受肉されました。

最初は画面の隅で体育座り、その後人ならざる動きで人間を辞め視聴者を困惑させ、SEKIRO等の実況を数回挟んだ後、Vtuberアイドルときのそらさんと協力実況コラボ、その後突然踊ってみた動画で視聴者全員の度肝を抜きました。

 

【魔進戦隊キラメイジャー】キラメイダンス踊りました

【魔進戦隊キラメイジャー】キラメイダンス踊りました
#魔進戦隊キラメイジャーの#キラメイダンス を 埼玉県 ガッチマンくん(41) が踊ります。 途中から荒ぶるモーションキャプチャーも必見です キラメイダンス公式→

ちなみにキラメイジャーは踊りたかったからやってみただけで、
楽曲を使った著作物であり動画時間の関係もあり、収益化は一切されないそうです。
せっかくVで受肉したし、楽しそうだからやってみたというだけで43テイク、2時間以上もかけて1分半の踊ってみた動画を趣味であげる。
そこにしびれるあこがれるゥ!です。
その後にあげた、ニコ動往年のMAD「ゲッダン」についても同様とのこと。

無茶しやがって…。

常に新しいことにチャレンジ

40歳を過ぎて知らない世界に対して貪欲に知識を取り込み、ゲーム実況のみならず精力的に活動を切り開いていくガッチさんは掛け値なしに恰好良い。

新しいことに挑戦する姿勢のみならず、オタクならではの「興味があることはとことん掘り下げ勉強し分析する」という、ガッチさんの情熱が如何なく発揮されています。
Vtuberの技術的な内部の状況のみならず、Vtuber界の基本用語やマナー・ルールなどを徹底的に調べ上げ、
かつ実況界との違いのある部分をとてもわかりやすく説明してくれるアーカイヴは、これからガッチマンVを観ていく上で予習の意味も含め、視聴することをオススメします。

最近の活動やこちらの世界について飲酒雑談
こっちでの活動も少しづつ覚えてきました。 ・放送は最大25時すぎまで。アーカイブは残ります ・スパチャは反応できるかどうかはわかりません。(そのお気持ちに感謝) ・話題に出してない配信者さんのお名前を無暗に出さない ・初見さんには優しく、みんなでお迎えして「あったけぇ・・・」の精神で。 ・あと何か追加します ▼ガ...

Vtuberとしてはまだ超のつく新人であるものの、2020年5月31日現在約21万人。30万人が目標とのことですがすぐに達成することでしょう。

ちなみにひとつめの目的である機器の値段(約110万円)回収は5月27日時点で達成した模様。
チャンネル開設から20日、110万円散財したという報告動画から12日間(動画本数は8本+コラボ動画1本)、サブチャンネルのみの収益で達成したというのだからさすが11年目の新人は格が違い過ぎました。

ただ、ガッチさんは再三仰っていますがVはあくまでサブチャンネルで、メインは普段のホラー実況とのこと。

 

2020年6月6日現在の活動・今後について

ホラーゲームを主としているメインチャンネルにはそぐわないけれどやってみたいタイトル、もしくは視聴者と雑談しながら出来る生配信を主に活動しています。
1時間ほどゲームをやり、30分ほどお酒を飲みながら雑談するスタイルを主軸としていますが、
この先コラボや企業案件も増えていくとのこと。
以前からニコ動やYouTubeでも企業案件を請け負っていたガッチさんは、業界の方々との繋がりも多く、
かつ知名度もあり、オファーする側としても信頼が置ける存在であることはもう証明済みなので頼みやすいのでしょう。

新しいおもちゃを発見して熱中している男子状態なのか、コロナ禍による特殊な状況であるということも関係しているのかどうかはわかりませんが、それでもメインに影響は与えない範囲で余暇に活動していくようです。
Vtuberの方からのコラボラのブコールも数多く戴いているとのことで(受けるにはたくさんの制約もあるようですが)、TOP4の実況動画が減ってしまうなら寂しい限り…

ですが、Vtuberガッチマンの動画も非常に面白いのでやはり、40代の希望の星としてのガッチマンを応援していきたいと思います。

今後ゲーム配信用に軽いLive2Dのモデルも作る予定アリだそうです。

タイトルとURLをコピーしました